CSS の改行を扱う指定についてまとめる

はじめに

CSS で改行の調整をする時に、毎回調べている気がするので一覧にしたいという気持ちで書きました。
中身に関しては、基本MDNへのリンクと部分的に引用しているだけです。
詳しくは、MDN のドキュメントを参照してみてください。

white-space

このプロパティは 2 つのことを指定します。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/white-space

line-break

line-break は CSS のプロパティで、中国語、日本語、韓国語 (CJK) のテキストにおいて、句読点や記号を用いた場合の改行規則 (禁則処理) を設定します。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/line-break

英語とかには影響ないのか。

overflow-wrap

overflow-wrap は CSS のプロパティで、インライン要素に対して、テキストが行ボックスをあふれないように、ブラウザーが分割できない文字列の途中で改行を入れるかどうかの設定を適用します。

Note: word-break とは対照的に、 overflow-wrap は単語全体があふれずに行内に配置できない場合にのみ、改行を生成します。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/overflow-wrap

word-break

word-break は CSS のプロパティで、改行しなければテキストがコンテンツボックスからあふれる場合に、ブラウザーが改行を挿入するかどうかを指定します。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/word-break

おまけ: text-overflow

text-overflow は CSS のプロパティで、非表示のあふれた内容をどのようにユーザーに知らせるのかを設定します。切り取られるか、省略記号 ('…') を表示するか、独自の文字列を表示するかです。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/text-overflow

参考リンク

調べる時に参照した、MDN 以外のリンクです。