Docker’s Verified Publisher program

Docker Hub の公式イメージたちがもうすぐ Amazon ECR Public からもダウンロードできるようになります!

https://twitter.com/toricls/status/1397953753504833537

調べてみたところ "Docker’s Verified Publisher program" という、Docker がイメージのパブリッシャー(配布者)を認証するプログラムがあるみたい。
その中でも AWS と Mirantis は Docker 公式イメージを配布する予定という話っぽい。

Docker Expands Trusted Content Offerings for Developers | Docker

もともと勝手に配布することは禁止されていたけど、今回 Docker が認証したところは配布してOK、ってイメージなのかな。

メモ

Docker 公式イメージは Docker の知的財産です。 事前の許諾なしに Docker 公式イメージを配布することは、Docker 利用規約 に違反する可能性があります。

Docker Hub 上の公式イメージ | Docker ドキュメント

AWS だと匿名でも500GB/月を無料で転送できるから、現状の DockerHub よりもかなり制限が緩和されて良さそう。

AWS 無料利用枠の一部として、Amazon ECR の新規のお客様は、プライベートリポジトリ用に 1 年間 500 MB のストレージをご利用いただけます。

新規または既存のお客様は、Amazon ECR は、パブリックリポジトリ用に 50 GB の月間無料ストレージをご利用いただけます。

毎月 500 GB のデータをパブリックリポジトリから匿名で (AWS アカウントを使用せずに) インターネットに無料で転送できます。

AWS アカウントにサインアップするか、既存の AWS アカウントで ECR に認証すると、毎月 5 TB のデータをパブリックリポジトリから無料でインターネットに転送できます。

また、パブリックリポジトリから任意の AWS リージョンの AWS コンピューティングリソースへデータを転送すると、無制限の帯域幅を無料でご利用いただけます。

料金 - Amazon ECR | AWS